可愛い猫たち

ペットとして犬や猫を飼っている人も多いでしょう。犬や猫を飼っている人に知っていただきたいのがフィラリアです。フィラリアとは、蚊が媒介することによって犬の肺動脈や心臓に寄生する虫のことで、これに寄生してしまうと内蔵や血液の循環などに症状が出て危険な状態を引き起こすこともあるのです。フィラリアは猫にも寄生しますがその症状はほぼ犬と違いありません。他の病気と違い、発見するのが難しく病気が見過ごされることも多いのです。

フィラリアに感染すると、どんな症状が出るのか

フィラリアとは寄生虫のことです。犬や猫の肺動脈や心臓に寄生して、さまざまな症状を引き起こします。他の病気との違いは、診断が難しく感染が見逃されてしまうケースが多いことです。突然死してしまった犬や猫を調べたところ、寄生虫に感染していたというケースもあるほどです。犬や猫を飼っている方は、感染したときの症状の特徴や他の病気との違いについて理解しておくと、寄生虫の感染に早く気が付けるかもしれません。感染していた場合、心臓の動きを低下させてしまい、全身の血液循環も悪化するようになります。その結果疲れやすくなり、散歩など運動を嫌がるようにもなるでしょう。ほかにも、咳が出る、元気や食欲がない、呼吸が苦しそうといった症状が見られたときは、動物病院に行って検査を受けることをおすすめします。初期症状は食欲がなくなったり、咳が出たりと風邪のような状態が主になりますが、進行してくると貧血や腹水、血尿といった状態が見られるようになります。感染の仕組みは寄生虫に感染している蚊に血を吸われることが主な原因です。蚊に血を吸われたときに、体内に寄生虫の子どもが入り込みます。子どもの寄生虫は体内で成長して幼虫となります。成長した寄生虫が心臓の右心室にある肺動脈に寄生するようになります。右心室は体内で血液を送り出す役割を果たしていますが、寄生虫の影響で体内に十分な血液を送り出すことができなくなってしまいます。また、体内を循環した血液が右心室に戻ってくるのですが、循環が悪くなると戻ってくる血液の量も少なくなってしまうのです。その結果、疲れやすくなったり、息切れを起こしやすくなったりするようになります。また、寄生虫は感染拡大の危険があるので十分な注意が必要です。寄生虫に感染した犬の血を蚊が吸血し、さらに別のいぬを吸血することで、寄生虫を感染させてしまうのです。猫に感染した場合も、症状の違いはほとんどありません。息切れや食欲不振、体重減少といった症状が出てくるようになります。このような症状が出てくると、喘息と誤診されやすく、発見が遅れるケースが少なくありません。診断や発見が遅れてしまうと、突然死するリスクが高くなるので十分な注意が必要です。猫の場合の感染ルートも犬とほぼ同じです。寄生虫に感染している犬の血を吸った蚊に刺されることで、猫にも感染が広がります。蚊に吸血されたときに子どもの寄生虫が体内に入り込み、体内で成長することで血管や肺、心臓に移動するようになります。寄生虫が怖いのは、成長すると駆除することが難しい点です。幼虫の段階で発見することができれば薬で駆除できるのですが、成長した段階で見つかっても薬が効果を発揮しづらいのです。もしも、発見が遅れてしまったときは、薬と投与し続けて幼虫が未成熟の状態になるまで待って、その数や威力を減らしていくか、手術をして心臓から成長した寄生虫を取り出す方法が考えられます。いずれも、動物にとって負担の大きい治療法になるので、成虫になる前に寄生虫に感染していることを見つけることが重要になってくるのです。寄生虫に感染しないようにするためには、予防策に力を入れることが大切です。そこでおすすめしたいのが、蚊の発生が増える時期に薬を定期的に飲ませることです。蚊の発生時期が4月から11月だと言われていますので、5月から12月位をめどに薬を飲ませてあげると、寄生虫の発生や増殖を防げるようになります。寄生虫の予防薬を服用されるときは、獣医師の処方箋が必要になります。必ずかかりつけの獣医師を受診して、診察を受けることをおすすめします。予防策についてはペットも同じです。大切なペットの命と健康を守るためにも、飼い主が寄生虫の恐ろしさや予防策についてしっかりと理解しておくことが大切なのです。きちんと獣医師の定期検診を受けて、不審な点がみられたときは速やかに受診するようにしておきましょう。